いろいろな保険

最近誰もが必ず入っているのががん保険です。このがん保険の見直しを行う時に最も注意しなければ行けないのが診断給付金です。この診断給付金とは、がんと診断された時に、一時金としてまとまったお金が受け取れる物なのですが、1990年よりも前に入っているがん保険には、この診断給付金が付いていない物があります。

がんの治療は最初の段階から高額な治療費が必要になりますので診断給付金が付いているのか、ついている場合には受け取れる金額はいくらなのか、また、複数回給付を受ける事ができるのかなどをしっかりと確認しておく事が重要になります。

次にしっかりと確認しなければいけないのが医療保険です。最近では一日の入院に対して10,000円が主流になっておりますが、過去に入っている保険の場合には、一日の入院で5,000円程度の内容もあります。5,000円では足が出てしまうので金額をしっかりと確認しておく事が重要になります。

また、昔の医療保険の場合には、65歳が満期になっている保険が多かったのですが、最近では平均寿命も長くなってきた事もあり、出来れば終身保障のある医療保険が必要になります。保険料などとの兼ね合いもありますが、出来れば手厚い保険に入りなおす事をおすすめします。

保険見直しの原則

保険見直しはとても難しい問題です。プロでも頭を悩ます部分もありますので、時間も労力もかかる事は間違いありません。そこでこちらでは、素人の方でも押さえておいて欲しい保険見直しの原則についてご紹介します。

保険見直しで最も重要な事は、保険が必要になった状況をシミュレートする事です。保険が必要になる時は、病気や怪我などで困っている時です。もし最悪の状態に陥ってしまった時に、その状況を回避する事ができるだけの金額を支払ってもらえるのかを確認する事です。その保険は誰が困らない為に入っているのかや、いつまで困らないのかなどについてもしっかりと格にしておく必要があります。

自分が怪我や病気になった時に困るのは自分と自分の収入によって生活している扶養家族です。そのため、共働きではない家庭の場合には、自分だけでなく奥さんが自分が働けるようになるまでの期間の生活に負担のならない保険に入る必要があります。また、子供がいるような場合には、高校や大学までの教育費であったり、生活費なども考えなければいけません。子供の学費の積み立てであったり、自分や奥さんに万が一の事があった場合、子供が病気になった時などに対応できる保険に入っておく必要があるのです。

保険見直しの時期

保険を見直すには適しているタイミングという物があります。よく30歳になったら見直せばいいと思っている方も多いと思うのですが、実は保険を見直すタイミングは、年齢などにはあまり関係ありません。基本的に保険を見直すタイミングとしては、家族にとって保障内容が変わるようになった時が保険見直しの最も適したポイントになります。

最も簡単な保険を見直すタイミングは、家族構成に変化があった時です。結婚をした時はもちろんの事、妊娠した時や出産した時などは保証を厚くしなければいけませんので、保険を見直す必要があります。逆に不幸があって家族が死んでしまった時や、離婚してしまった時など扶養家族の数が減ってしまったときなどにも保証内容を少なくして、毎月の保険料を抑えるなどの見直しが必要になります。

また、家族全体のお給料の増減や支出が変化した時にも保険を見直すタイミングになります。妊娠を期に奥さんが専業主婦になったり、逆に奥さんが働き始めたときなどは保険を見直すきっかけになるはずです。また、転職してお給料は著しく変わった時や、マンションや一軒家を購入する時にも見直しが必要になります。定年まで働いて年金で暮らすときにも見直すのが一般的になります。

保険見直しの重要性

最近では、お得な保険が増えて来ていますので、現在の保険から新しい保険に移ろうと考えている方が増えてきました。これまで保険料をなんとなく支払っていた方も保険見直しの重要性に気付いてきているのです。なぜ現在の保険ではいけないのかというと、加入している保険で無駄な部分や足りない部分があるかもしれないという事です。もちろん、保険見直しを行った上で問題なければそのままでも大丈夫です。大事な事は、現在入っている保険が、今の自分にとって最適な物なのかを見直す機会を作るという事です。

保険見直しを行う最も大きな理由が経済的な負担です。保険は定期的に確認しておかないと無駄な保険料を支払い続ける事になってしまいます。車を購入する場合に組むローンと同じように、保険料も毎月銀行口座から引かれていきます。毎月2万円の保険料だったとしても1年間で数24万円になりますし、30年間で720万円も保険料を支払う事になりますので、何となく入っているという方は、損をしてしまっている可能性があります。

テレビのコマーシャルでは、「年間で○万円安くなりました。」というセリフを耳にします。逆に考えれば、これまで○万円も多く支払っていたという無駄な出費があったという事なのです。こちらのページでは、何となく保険料を支払っている方のために、保険見直しをするメリットや注意点、保険見直しをするタイミングなどについてご紹介します。これまで保険見直しをした事がない方は、ぜひ参考にしてください。